簡易査定と訪問査定

家を売却するため査定を行いますが、査定には机上査定と訪問査定の2つがあります。
机上査定と訪問査定はそれぞれ特徴や査定方法も異なってきますのでしっかりと理解した上で選ぶのが良いと思います。当ページでは机上査定と訪問査定の特徴、メリット、デメリット等をわかりやすく説明していきます。

 

 

机上査定とは

机上査定とは、名前からも分かる通り査定士が実際の不動産を見ずにデータのみで査定額を導き出す方法です。ですので訪問査定より手軽に行えるので別名簡易査定とも呼ばれてます。簡易査定ですので実際の売却額とズレが生んじることもあります。手軽に行え、査定もすぐにわかりますのでまずは自宅の価値がどのぐらいかと言う概算を知りたい方には机上査定がお勧めです。

 

それに良い不動産会社を知らない方は良い不動産会社を探すためまずは簡易査定で数多く査定依頼をしてその中から信頼出来るお父さん会社を探すと言うのも有効な手段です。

注意
机上査定でおおよその査定額といいますが、実際に売却額と比較してみても大きくずれると言う事は結構稀です。簡易的と言っても、取引事例や相場をもとにしっかり算出しますので、ある程度の妥当性はあります。

 

 

 

訪問査定とは

訪問査定とは、名前からも分かる通り査定私が実際にあなたの物件を目で見て査定額を算出します。とは言っても査定方法は基本的に机上査定と同じで、プラスアルファ実際人の目で見てわからない点など細かく修正していくと言うイメージです。

 

実際の建物の設備のメンテナンス状態。近隣の状況等をチェックします。当然机上査定と比較して訪問査定の方が査定額も正確性が高いです。実際に売り出し価格を決める際の基準となるのがこの訪問査定で出された価格です。

 

簡易査定と訪問査定の違い

 

査定価格を知る理由

査定価格を知る理由は実際に売却できる実勢価格を把握しておく必要があるからです。売却後のプランを立てるにしてもどのくらいで売却できるのかは知っとかないと計画が建てられませんからね。また査定価格はしっかりと根拠のあって出されている価格ですので実際に売却開始の売出価格を決める参考になります。ただ注意してもらいたいのは1社のみの査定で決めるのはやめましょう。

 

査定価格はあくまでも売却できるであろう不動産会社の予測の金額です。実際にその価格で売却できる保証はありません。必ず複数社に査定を依頼してしっかりと比較することが実勢価格を知る上で重要となります。もっとも契約欲しさに実勢価格よりわざと高い査定額を出す不動産会社もあるので注意が必要です。

 

 

 

 

お勧めの方法

まだ不動産会社を決めてなくて、どの不動産会社が良いのか分からない状態でしたら、まず最初に簡易査定で5社以上に査定依頼を出してみましょう。その際大手不動産会社や地元密着型の不動産会社、その地域で評判の高い不動産会社などタイプの異なった不動産会社を選ぶのがポイントです。

 

会社が異なれば査定額も異なりますし、対応や売却プランなどを各不動産会社バラバラです。不動産会社も得意分野が異なっておりそれぞれ長所や短所があります。ですので簡易査定でまずはなるべく多く査定依頼をして、不動産会社を比較しましょう。ポイントは査定額だけではなくしっかりと販売プランや過去の実績などを比較する事です。その後気になる不動産会社に訪問査定を依頼し、信用できると思っていた会社が現れたら契約に移行しましょう。

 

 

 

 

机上査定と訪問査定のまとめ

机上査定と訪問査定のまとめ

簡易査定と机上査定の違いや特徴を紹介してきました。実際に査定を依頼してみればわかると思うのですが査定価格は会社毎にバラバラです。それぞれの会社の考え方も含まれてますのでしっかりと査定価格の根拠や販売プランを聞きましょう。

 

まずは簡易査定でなるべく多くの不動産会社に査定を依頼してその中から気になる不動産会社に訪問査定を依頼すると言うのがベターです。査定を出す際は不動産一括査定を利用するのがすごく便利です。数分程度の入力で簡単に複数社に査定を依頼を出すことができます。ぜひ活用してみて下さい。

 

大手に依頼したいならすまいバリュー

すまいバリュー

三井/三菱/住友/東急/野村/小田急の超大手の査定が受けれる

NTTグループが運営で安心!業界最大手

HOME4U

日本で初めて運営された不動産査定サイト!NTTデータグループが運営するから安心!

TOPへ