不動産を処分するなら売却?賃貸?

不動産を処分する時、売却するのか誰かに貸して賃貸にするのか迷う人も多いはず。売却すれば大きなまとまったお金が入って来ますし賃貸に出せば不労所得として家賃収入が入ってきます。それぞれメリットとデメリットがありますので詳しく紹介していきます。

 

 

売却又は賃貸

不動産処分において売却または賃貸で悩む方に向けてまずは一般論を紹介します。何か基準がないと選択するのも難しいですからね。
一般的に言われていることが、将来その不動産に住む意思があるなら賃貸。住む意思がなければ売却。

 

とてもわかりやすい基準だと思います。結局人は思い入れがあるので将来住むかもしれない、または将来は又住みたいと思うかもしれません。しかしそれは希望的観測であり意思ではないので、実際問題またその不動産に住む可能性は低いです。つまり売却してしまった方が良いかと思います。もちろん不動産は高価な商品でありますのでプロでもある不動産会社とよく相談に乗ってもらうことが良いかと思います。

 

まずは売買と賃貸のメリットとデメリットを把握しておきましょう。

 

 

売却と賃貸のそれぞれのメリットとデメリット

不動産を処分するなら売却?賃貸?

不動産の売買と賃貸ではその後の人生にも影響してくる位大きな選択肢の1つです。しっかりと両方のメリットデメリットを隠しっかりと両方のメリットデメリットを把握して納得してから決断しましょう。ここでは売買、賃貸それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

賃貸のメリット

  • 不労所得が得られる(家賃収入)
  • 不動産を継続して所有することができる
  • 将来また住める可能性が残せる
  • 経費として計上出来るので税金対策できる

 

賃貸に出す最大の魅力は家賃収入による不労所得が挙げられます。賃借人の募集や家賃の集金、その他細かい管理はすべて不動産会社に委託することが可能なので、まったく手間や時間を費やすことがありません。
毎日朝から晩までサラリーマンとして働いている方にとってはとても魅力的に見えると思います。また所有権は移転しないので自己所有が継続できると言うのも精神的面からしてみてもメリットは大きいでしょう。

 

 

賃貸のデメリット

  • 空室リスクがある
  • 賃貸出す前にも結構お金がかかる
  • 借主とのトラブルリスク
  • 部屋は経年劣化していく
  • 事故物件になってしまうリスク
  • 居住用の税制優遇が受けられない
  • ランニングコストがかかる

身体の最大のデメリットは空室リスクによる収入の不安定にあります。空室になっても支払いローンは待ってくれません。空室リスクに備えある程度の余剰金は確保しておきましょう。
まだ空室リスクの外賃借人とのトラブル、事故物件のトラブル、自然災害のトラブルなどあらゆるリスクがあるのでしっかりとリスクマネジメントをしておくと良いと思います。

 

 

売却のメリット

  • まとまったお金を手にできる
  • ランニングコストがかからない
  • 財産分与で困らない
  • 煩わしい税金や維持費等の問題から免れる
  • 住居用不動産の税制優遇が利用できる

 

売却のメリットと言えばまとまったお金が手に入る点です。人生においてもこれほどまとまったお金を手に入れる機会はそうはありません。
また財産分野などで、もめる原因の1つが不動産です。不動産は価値の把握をしづらい上、物理的に分けることもできません。ですので不動産が原因でお家騒動になる事も多いのです。不動産を現金化すればしっかりと分けることができるのでトラブルを未然に防ぐこともできます。

 

後は不動産と言うのは持っているだけで維持費や税金、庭の手入れなどお金と労力がかかります。住んでないのにお金を払う立場からしてみると正直煩わしいですよね。売却することによってこの煩わしい手間から解放されるのもメリットです。

 

 

売却のデメリット

  • 所有権がなくなってしまう。
  • 売却価格や売れるタイミングがわからない。
  • 売却費用が意外にかかる。

売却のデメリットは所有権がなくなってしまうことです。住み慣れて思い出いっぱいの家が他人のものになってしまうのでそれなりに心理的に複雑な思いがしますよね。いちど他人の手に渡ってしまったら、基本的にもう二度とすることはないでしょう。また売却するのにも費用が
結構かかります。利益が出ていれば譲渡利益が発生しますし、不動産会社の仲介手数料、司法書士への登記費用、各種税金、場合によってはリフォームや解体費もかかります。売却をする前に一体どの程度の費用が発生するのかあらかじめ把握しておきましょう。

 

 

戸建てで賃貸は不向き?

不動産売却,賃貸,メリット,デメリット
都心の賃貸が90%以上がマンションまたはアパートです。そもそも都心には戸建て賃貸の需要が高くありません。都心部の方が利便性を考慮していますので駅前を好みます。駅前となると必然的にマンションの方が圧倒的に多いわけです。そもそも戸建ては賃料が高く、新築で購入できるローン代金と大して変わらないのです。

 

一方マイホームを手にしたい方にとっては、多少交通の利便性を削ってでも一定の方が中古戸建物件を購入する需要があります。このような観点からしてみても都心部の戸建で、賃貸にするかマンションにするかで迷ってるのならば売却の方が有利と言われてます。

 

 

マンション売却は決意したら即行動!

不動産売却,賃貸,メリット,デメリット
マンションは購入時に新築プレミアムと言われて2割程度相場より高く購入しています。つまり購入した瞬間に資産価値が2割も減ってしまうわけです。そこから毎年平均して1.7%づつ価値が下落していくと言われてます。35年経過する頃には新築時の30%まで価値が下がってしまう計算になります。仮に35年フルローンでやっとの思いで返済し終わった頃には価値が3分の1ってちょっとショックですよね。都心部の駅前など人気エリアの場合は、逆に購入時より高くなっている場所もありますが極めて例外だと思って良いでしょう。
つまり売却すると言う意思を決めたら即売却活動するのがオススメです。ダラダラ先延ばししていくと3000万の価値がある不動産の場合、1年間で51万円も価値が目減りしていってしまいます。

 

 

まとめ

不動産売却,賃貸,メリット,デメリット

自宅を売却するか賃貸にするか迷っている方に向けてメリットやデメリットなどを紹介してきました。一概にどちらが良いとは言えないものであなたの物件に合った方をプロであるの不動産会社に相談を受けるのが良いかと思います。まずは信頼できる不動産会社にご相談してみて下さい。

 

そこで便利なサービスが売買と賃貸の両方に査定依頼できる不動産一括査定です。この便利なサービスを利用すると簡単にあなたの不動産の査定額と賃貸に出した場合の相場が分かります。完全無料で利用できますのでまずは気楽な気持ちで試してみて下さい。

TOPへ